お部屋探し
お部屋のトラブル
生活・マナー等
ご契約・ご解約に関するお問い合わせ
家主WEB
管理受託
橋本エリアの紹介(ブログ)
相模原エリアの紹介(ブログ)
南台エリアの紹介(ブログ)
会社概要
株式会社賃貸山信 > 生活・マナー等

生活・マナー等

生活・マナーに関するよくある質問

入居時の注意


お部屋の契約時、駐輪登録をなさった方には自転車の駐輪ステッカーをお渡ししています。
必ずご所有の自転車にお貼りください。

シールが貼られていない自転車につきましては放置自転車とみなし、貼り紙等で告知した後、
一定の期間を置いて撤去をする可能性がございます。
自転車を新たに購入なさった場合等は、フォームより弊社へご連絡をお願いいたします。
駐輪ステッカーの発行をさせていただきます。

※駐輪場が設置されていない物件につきましては駐輪ステッカーを配布しておりません。


お客様がご入居されるときには、お客様ご自身にて「電気」「ガス」「水道」の開栓手続きが必要になります。
お手数ですが、各供給会社様へお問合せし、手続きを行ってください。
※詳細や問い合わせ先に関しましては入居時の施設連絡先資料をご確認ください。

 

共同生活の注意


ゴミが回収される時間や収集場所、分別方法については、お住いの自治体のホームページや
入居時に配布されるご案内などを確認し、ルールに従ってごみ出しを行ってください。

また、共用部やごみ置き場には粗大ごみを放置しないでください。
粗大ごみの処分は多くの自治体で有料になっておりますので
各自治体のごみ出し方法に従ってください。

家電リサイクル法の施工により、エアコン・テレビ・電気冷蔵庫・洗濯機は粗大ごみとして出してはいけません。
家電量販店・リサイクルショップ等で引き取ってもらうか、指定取引場所に直接お持ち込みください。


共同住宅にお住まいですと、ある程度の音を「生活音」として許容しなければなりません。
生活していくにあたって、全くの無音で生活出来る事はありません。
小さなお子様の泣き声や、たまたま物を落としてしまった等で、一時大きな音が出る事もございますが
生活音として許容した上で、ご配慮をお願いいたします。

※ただし、以下は騒音に当たります
・夜間・早朝の洗濯機や掃除機の動作音
・壁に当たる音
・床で飛び跳ねたり、駆け回る音
・楽器の演奏、複数人で騒ぐ等
・駐車場内での空ぶかし


・契約区画以外の空区画や敷地内・周辺道路への駐車は禁止です。車での来客がある場合は、近隣のコインパーキングなどをご利用ください。

・ご自身の契約区画に駐車されている等で、急を要する場合は最寄りの警察署へご相談ください。

・契約区画や敷地内には私有物やタイヤを置かないでください。盗難に遭う可能性や、強風等により周りの車を傷つけたりする恐れもあります。


廊下、階段、エントランスホールなどの共用部に私有物が置くのは
消防法の違反となる場合がございます
災害時に避難の妨げになりますので、濡れた傘を開いて乾かす、回収前の古新聞を置いておくなど
共用部に私有物を置かないようにして下さい。(一時的な仮置きも同様です。)
当社から移動時のお願いをしても改善が見られない場合、撤去・処分させていただく場合もありますのでご注意ください。

また、バルコニー・ベランダは共用部に該当し、
避難ハッチや仕切り板が備え付けられ火災などが発生した場合には避難通路になります。
避難の妨げになるような物は置かないでください。
バルコニー・ベランダの喫煙もお控えください。


自転車が不要となった場合、そのまま放置せずご自身で処分を行ってください。
また、契約時や管理会社変更時にお渡ししている「駐輪ステッカー」を貼っていない
自転車に関しましては、放置自転車とみなし、撤去する場合がございます。
※撤去時は持ち主を特定し、撤去費用は持ち主の方に請求いたしますので、予めご了承ください。


ペット可の物件以外は、イヌ・ネコなどの飼育や持ち込みは禁止されています。

ペット可の物件では、常識のある飼育をお願いいたします。
ペットによる室内の傷や匂いが発生した場合、お客様に費用負担をお願いする可能性がございます。

ペット不可の物件でペットを飼育されているのを見かけた場合はフォームよりお問合せください。


お客様が契約されているお部屋は、賃貸借契約時に取り決めた「使用目的」に沿ってのみ利用できます。
民泊(無断転貸)等は禁止されており、契約違反となりますのでご注意ください。

 

入居中の注意


結露とは窓や壁にできる水滴のことです。

台所や浴室で出来る水蒸気は換気扇を回すと効果的です。

収納などに関しては、出来るだけ扉を開けて暖かい空気を入れてください。
また、収納物の下にすのこなどを置き、壁から離して置くと空気の流れが出来て効果的です。

家具は壁面から5〜10cm離して配置してください。

開放型のガスストーブは水蒸気を発生しますので換気を十分に行ってください。
また石油型のストーブは禁止されています。

就寝前の5〜10分間は窓を開けて換気すると効果的です。

布団・マットレスに関しては直接床に敷かず、床との間にカーペットを敷いてください。

室内に洗濯物を干すと結露・カビの原因になりますのでお控えください。
また結露・カビが発生した場合には、結露・カビをふき取った後、除湿器や湿気取りを使用して湿度を調整してください。


浴室・キッチン・洗面所・洗濯機の排水溝のつまりによって漏水が起こることがございます。
排水溝へ油・食べ残しなどのゴミを流すと詰まってしまうことがございますので、流さないでください。

蛇口に関しては使用後はしっかりと閉め、排水溝は定期的に清掃してください。
つまりが発生した場合は【お部屋のトラブル】にございます対処方法を試してください


ベランダに排水口がある場合は、定期的に清掃を行ってください。
溝にゴミなどが溜まっている場合、下の階への水漏れとなる可能性がございます。
排水口の詰まりによる漏水被害で修繕費用が生じた場合、お客様にご負担いただきますのでご了承ください。


集合ポストが設置されている場合は、チラシや郵便物がたまりすぎない様に定期的に回収してください。
また、不要なチラシはその場には捨てず、専用のごみ箱やご自身のお部屋にて処分してください。


宅配ボックスに荷物が届いている場合、早めにお取り出しください。
長時間放置されていますと他の入居者様が使用できなくなってしまいます。

また、宅配ボックスに長時間放置されたままのお荷物に関しては、当社にて回収、処分させていただく可能性がございますのでご注意ください。

また、宅配ロッカーは他の入居者も使用される共用設備になります。
私物を保管したり荷物入れとしては利用しないでください。

宅配ボックスに荷物が入ったままになっており、使用できない場合に関してはフォームよりお問合せください。


お部屋を綺麗に保つことによって退去時の原状回復工事費用を抑えられる可能性がございます。
また、浴室・キッチン・風呂・トイレ洗面台などの水回りの水アカやカビ、
ガスコンロ置き場、換気扇などの油汚れはこまめに清掃を行ってください。
エアコンのフィルター清掃も定期的に行ってください。


2週間以上ご不在となる場合、フォームよりお問合せください。
また、下記の4点をお願いいたします。

・最寄りの郵便局へ不在届を提出してください。
・水道、ガス、灯油の元栓や洗濯機の蛇口を閉めてください。
・冬場は給湯器内部の水が凍結する恐れがございますので給湯器の給水パルプを閉め、
水抜きをしてください。水抜きが終われば栓を元に戻して使用してください。
・出かける場合には、十分な換気を行い湿気対策をしてください。

 

災害時の注意


・身の安全を確保する
自宅ではテーブルや机の下、映画館・ホール等では、カバンなどで頭を保護したり、座席の間に身を隠したりしましょう。

・火の元を確認する
揺れがおさまってから火の元を確認しましょう。

・煙を吸わないようにする
煙が発生した場合は、ハンカチなどで口、鼻を押さえ、体勢を低くして移動しましょう。

・出口を確保する
建物が傾いてドアが開かなくなることがあります。ドアを開けて出口を確保しましょう。

・エレベーターは使用しない
乗っている時は全ての階のボタンを押して、停止した階ですぐ降りましょう。

・電線、ガス漏れ等に注意する
垂れ下がっている電線、ガス漏れしている場所には絶対に近づかないようにしましょう。

・情報収集
自治体やラジオなどの的確な情報を入手し、噂やデマに惑わされないようにしましょう。


・家具の固定
家具が転倒しないよう、家具は壁に固定しましょう。寝室や子ども部屋には、できるだけ家具を置かないようにしましょう。
置く場合も、なるべく背の低い家具にするとともに、倒れた時に出入り口をふさいだりしないよう、家具の向きや配置を工夫しましょう。

・食料、飲料の備蓄
電気やガス、水道などのライフラインが止まった場合に備えて、3日分を目安として飲料水や保存の効く食料などを備蓄しておきましょう。

・非常用バッグの準備
非常時に持ち出すべきものをあらかじめリュックサックに詰めておき、いつでもすぐに持ち出せるようにしておきましょう。

・家族同士の安否確認方法の決定
別々の場所にいるときに災害が発生した場合でもお互いの安否を確認できるよう、日頃から安否確認の方法や集合場所などを、事前に話し合っておきましょう。

・避難場所、避難経路の確認
いざ災害が起きた時にあわてずに避難するためにも、契約時にお渡しいたしますハザードマップや自治体のホームページなどから防災マップを入手し、避難場所、避難経路を事前に確認しておきましょう。


・ハザードマップの確認
ハザードマップを確認し、冠水や河川の氾濫の危険性が高い場所を事前にチェックしておきましょう。

・排水溝の点検・清掃
雨水ますや側溝の周辺にゴミがたまることで、雨水が流れず、浸水の危険性が高くなります。ベランダ(バルコニー)などの排水溝は定期的に点検・清掃をしましょう。

・飛ばされそうなものの収納
鉢植えや物干し竿など飛ばされそうなものは屋内に収納しましょう。


・寝たばこ、ポイ捨ては厳禁
灰皿には水を入れておき、吸殻を捨てるときは必ず水にさらすようにしましょう。火のついたたばこは放置せず、必ず消火の確認をしてください。

・配線周りの整理
コードの上に物を載せたり、コードをまとめたり、たこ足配線をしないようにしましょう。コンセントまわりは定期的に掃除をしてください。

・保険金について
小さなボヤ火事でも必ず消防署へ届け出を行ってください。 保険金請求には罹災証明書が必要となり、届け出がない場合は保険金の支払いが受け取れません。


・外出時の施錠
玄関のドアはもちろん、すべての窓の施錠をしましょう。
ベランダ側の窓やシャッター、雨戸の閉め忘れにご注意ください。

・貴重品の保管
通帳・印鑑・身分証明書などはまとめて保管せずに、別の場所に保管しましょう。

・長期間不在にする場合
長期間不在にする場合には、新聞や郵便をとめてください。また、雨戸や厚手のカーテンを閉めっぱなしにせず、薄手のカーテンを閉めるようにしましょう。

・警察への届出
盗難被害にあった場合、被害にあったものを調べ、必ず警察へ届け出を行ってください。保険金請求には警察での受理番号が必要です。


水漏れ事故が発生した場合は、まず水道の元栓を閉めるなどし、被害の拡大を防いでください。
保険金請求には事故証明が必要となりますので、状況を写真に撮っておかれることをお勧めします。


保険金請求が必要な場合で、ご契約時に当社指定の賃貸住宅総合保険または少額短期保険にご加入されている場合には、フォームよりお問合せください。


<<一覧へ